興信所の浮気調査について詳しく!!


興信所の浮気調査とは何か?

浮気調査といわれて不倫や浮気の現場を押さえて、証拠の写真を撮るというのは、多くの人が想像することが出来ると思います。
しかし、実際どんな調査で、興信所はどうやって調査をしているのか気になります。

そこで、簡単に興信所の浮気調査がどんな調査なのかを調べてみました。

浮気調査は、基本的に尾行と張り込みで不貞行為の現場を写真、またはビデオカメラで映像として残します。調査後には依頼人へ、調査報告書と証拠となる静止画、動画を渡すと、依頼完了となります。

もの凄く簡単に浮気調査を説明すると以上の内容になりますが、疑問になるのは、どうやって尾行するのか?そして張り込みって大丈夫?というものです。

尾行は各興信所で尾行方法がマニュアル化されている場合が多く、その社外秘であったりと大変重要な情報に位置づけられています。

張り込み調査の場合には、調査対象者が1つの場所に留まっていた場合に、その場所が見える場所に待機して証拠写真、映像の撮影チャンスを待つことになるようです。
張り込みは何も屋外で行うものではなく、車内で待機していたり、ホテルのロビーなど複数の人が出入りする場所から少し離れた喫茶店(ファミレスなど)で待機するということもあるようです。

これらの調査方法を用いて浮気調査が行われており、その調査結果を報告書として受け取ることができるのです。





興信所業界の世界と費用